袁 広偉(エン)さん / Shandong, China

 

私は袁広偉(えん こうい)と申します。
中国山東省日照市にある曲阜師範大学で、日本語の教員として勤めています。
1999年に日本へ留学し、2013年に中国に帰ってきました。

日本へ行く前に、中国の病院で麻酔士として3年間働いたことがあります。日本に行ってから、経済学の勉強をし直して経済学修士を取得しました。その後、専攻分野を「情報」に変更し、山口大学の「情報学」博士課程に進学しました。林先生と出会ったのはこの時期でした。というより、林先生は私の指導教官でした。専門知識はもちろんですが、日本人との付き合い方まで教えてくれました。

中国に帰ってから大学教員になり、林先生が会長を務めている日本教育情報学会を通して、国際交流と情報学分野の先生とたくさん知り合いました。

これからも日中友好、教育交流に役立ちたいと思います。


My name is Yuan Guangwei.
I am a Japanese teacher at Qufu Normal University in Rizhao, Shandong, China.
I came back to China after studying in Japan from 1999 to 2013.

I worked at a hospital for three years as an anesthesiologist In china. In Japan, I studied economics and got Master of Economics. Then, I changed my study field to Information and went on to the “Informatics” Ph.D. program at Yamaguchi University. I met Professor Hayashi during this time. Hayashi was my instructor and taught me not just expert knowledge but also how to associate with Japanese.

After went back to China, I became a university faculty member.  And I got to know  with many teachers through JSEI (Japan Society for Educational and Information) chaired by Professor Hayashi.

I hope to continue to contribute to Japan-China friendship and educational exchange.