自分の情報を整理する力(強制連結法)

私たちがすでに持っている知識(既有知識)や関心事、考え方(思考)を視覚化する手法の一つとして、強制連結法について知り、自分や他人の持つ情報を確認し整理することを学びます。

<ねらい>
  • 強制連結法を利用して、自分の情報を視覚化し整理することができる
  • 他人の情報と比較して、自分の既有知識、関心、思考が異なる点を見つけることができる
<準備物> 
<演習のながれ>

グループを作り、強制連結シートの始点と終点に入れるキーワードを決定します。各自が、キーワードから連想する語句を書き出してつなぎ合わせシートを作成します。グループ内でお互いのシートを交換して単語数を確認し、おもしろい発想や矛盾のある連結部分に印をつけます。また、記入された語句から作成者の趣味や関心事などを推測します。演習を通して、他人と思考が異なる点やその他の気づきをレポートにまとめて提出します。