相手を意欲的にする力(ほめ言葉)

ほめ言葉一つで、他者のモチベーションを上げたり、才能を引き出したり、自信を与えたりすることができます。本演習では、他者を認め、ほめる体験を通して、相手の意欲を引き出す力について学びます。

<ねらい>
  • あいづち、繰り返し、相手の言葉をまとめて聞き返すなど、相手の気持ちを受け止めながら聴く技術を身につけることができる。
  • 相手に自信を与え、意欲的にするための効果的なほめ方を説明することができる。
<準備物> 
<演習のながれ>

4人グループを作り、各自で、「最近がんばっていること」を事実に基づいて具体的に書き出します。話し手(1人)と聴き手(3人)にわかれます。2分間の発表の後、3人の聴き手は、それぞれが「ほめる」、「ほめながら改善点を示す」、「批判する」の立場にわかれ、各自1分程度で話し手に伝えます。以上の内容を役割交替しながらすべての立場を体験します。相手を認め意欲的にさせるほめ言葉や、ほめ方についてグループで話し合い振り返りシートにまとめます。